おもしろい本やドラマ・映画に出会った時。子供が楽しそうにしている時。いろんなねこ&いぬの幸せそうな表情を見る時。最近のアクティビティ紹介.

2018年04月25日

毎日放送の中国ドラマ『琅琊榜(ろうやぼう)<弐>~風雲来る長林軍~』8話のあらすじ

本当に、今作はみんなが賢い、言葉も余計な事は云わない、なので集中して見ないと!でもその世界が好きですラブラブ

 荀飛盏(張博チャン.ボー)たちは段桐舟を見つけ、捕えようとしますが、強い段桐舟、莱陽侯府に逃げます。

段桐舟は棚の中の隠し扉を見つけ、中には針が刺さった人形が叫び荀飛盏たちが屋敷を調べに来ます。

蕭元啓(呉昊宸ウー.ハオチェン)と母の莱陽太夫人は協力しますが、莱陽太夫人が棚を開けた時、中には針が刺さった人形を持った段桐舟が!

莱陽太夫人は肌着が入っているからとごまかしますろうやぼう2日本語字幕

 その頃、東宮から戻った萧平章(黄暁明ホァン.シャオミン)は萧平旌(劉昊然リウ.ハオラン)に「皇太子の名を気安く呼ぶな、国境を守ってきた長林府がなぜ朝廷では敵が多い、お前ならわかるはずだ。慎めと命じるのは誤解されないためだ。」と言います。

 一方、針が刺さった人形を見つけた段桐舟は「巫蟲の術で皇帝を呪っているのか、私より重罪だ。しかしこの秘密は以前から知っていた。それで恨みが晴れるのか」と言い残し人形を返して去っていきます。

 長林王府では蒙浅雪(佟麗婭トン.リーヤー)が子供を授かるよう祈ってます。平章が帰って来たと知って隠す浅雪ですが、察した平章は浅雪を優しく抱きしめ、妻となってくれただけで嬉しいと言います。


その夜、林奚(張慧雯チャン?ホイウェン)に呼ばれる平旌、そこであの浅雪の化粧箱を差し出され、子が出来なくなる東海朱膠が貼られていると言われます。悩んだ末、平章に話す平旌、怒り悲しむ平章です。

 その頃、叔父の荀白水を訪ねる荀飛盏、その手痕は段桐舟のもの、どういうことかと尋ねますが、知らないと答える白水。

しかし長林王府を今のうちに抑えないとと言う白水、長林王府を信じると言う飛盏、二人は言い争い「道を踏み外さないように」と言い残して去る飛盏です。

飛盏は段桐舟の身に着けていた物の匂いから濮陽上師(郭京飛グオ?ジンフェイ)の乾天院が怪しいと兵と共に取り囲み中を調べさせてもらいますろうやぼう2 dvd

ちょうど段桐舟が来ていたのですぐに隠れ部屋に隠れさせる濮陽上師。

隠れ部屋まで発見する飛盏、しかし段桐舟の姿はありませんでした。

濮陽上師は荀飛盏は侮れないと思います。

 


黒幕がわからないまま大同府の件は終結され、平章はこれは始まりにすぎないと思います。

そして平旌と共に天牢の宋浮を訪ね、理由を聞きます。

「勘だけで陛下に兵符を求め、大軍を動かした悪しき例を見逃せない。長林軍のおごった心がくじける様を見たいのだ。長林王には敬服するが、朝廷を意のままに動かし圧倒的な兵力を持つ、今後帝位を狙わない保証はない。」と言われます。

出る杭は打たれるのね叫び 国のため民のためと頑張ってきたのに寵愛と名声が災いとなってしまう叫び平章は1人皇后の元へ。そして化粧箱は皇后から賜った物なので報告し調査を願い出ます。

不快な皇后、でも今回ばかりは平章も強気の態度で、皇后も調査すると言います。

一方 平旌は浅雪を治療する薬草を林奚から聞いて捜しに行くことに???

 

あ~、やはり荀白水より怖いのは濮陽上師だったドクロ荀白水と飛盏を反目させたのも濮陽上師なのね。莱陽侯府のことも知っているし、何もかも用意周到でこれから何が起こるのか、怖いです叫び平旌も義姉や宋浮の言葉から平章の言葉の意味が、そして長林王府の立場がよく解ったでしょうねろうやぼう2 あらすじ

平章も次から次で養生する暇がないです。梅長蘇のように倒れそうで???

でも演じる黄暁明さん、今回結構気に入ってます。思慮深くそして優しく時には鋭い目つきで頼もしい平章、適役ですチョキそして荀飛盏もちょっとお気に入り。実直な彼は荀氏一族と長林王府の間で苦悩しそうな気がします。

でも最後まで正しい道を歩んで欲しい人物です。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。